« 2004年12月 | トップページ | 2006年12月 »

2005年5月

aemaeth と emaeth と オロク

イノセンスに出てくる、言葉、「aemaeth(7文字)」と「maeth(5文字)」

とりわけ東欧ユダヤ人の間にゴーレム伝説が保存されている。もっとも有名なのは、ヤーコブ・グリムがロマン派の機関誌「隠者のための新聞」(1808年)に掲載した採取例である。やや長くなるがいかに紹介しておこう。
(中略)
ゴーレムの額にはemeth(真理)の字が書かれているが、彼は日に日に成長して、はじめのうちはごく小さかったのに、やがて家族の誰よりも容易に大きく強くなる。そこでユダヤ人たちはゴーレムが怖くなって最初の文字を消し取ると、meth(彼ハ死セリ)しか残らなくなり、即座に潰滅してふたたび粘土に還るのである。

怪物の解剖学 種村季弘著 河出文庫
[かぼちゃの船: aemaeth:]

aemaeth(7文字)」とmaeth(5文字)じゃないのね。
この表記は少ない。

Google】で検索してみる。
「aemaeth(7文字)」
ウェブ全体結果
約 370 件
日本語結果
約 98 件

もしかして: aemeth

との表示があったから「aemeth(6文字)」検索してみる。

続きを読む "aemaeth と emaeth と オロク"

| | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2006年12月 »